湘南国際村センター
トップページ > イベント
イベント

陶芸セミナー2017 in 湘南国際村

湘南国際村のふもとに「子安窯」を構える陶芸家、木村芳之助氏を
講師に迎え、毎年恒例の陶芸セミナーを開催致します。

今回は20回目開催記念として、11月10日(金)までにお申し込みいただいたすべての方に
講師の木村芳之助作「20回目開催記念特別作品」をプレゼントいたします!!
この機会に是非、「世界で一つだけの作品」「思い出の作品」を作ってみませんか。
皆様からのお申し込み、お待ちしております!


陶芸セミナー2017.jpg  
 

【本セミナー講師:木村芳之助氏の子安窯特徴】

①釉薬(うわぐすり/ゆうやく)をかけない「焼き〆」が特徴です。
・「焼き〆」とは・・・
乾燥させた素地に釉薬(うわぐすり/ゆうやく)をかけずに高温(約1300℃)で焼成します。窯の中で作品一部に降灰したものが長時間の高温により溶けてガラス質に変化し、自然の釉薬となります。素地は多数の細孔を持ち、水瓶などは水が腐敗しにくいと言われたり、ビアカップにビールを注ぐと細かい泡が発生して口当たりがよくなると言われています。また、出来上がりの作品は、叩くと高く涼しげな音がします。

②木村芳之助氏設計・作成の「登り窯」で焼成します。
・「登り窯」とは・・・
 炉内を各間に仕切り、斜面等地形を利用して、炉内の各作品を焼成時に一定の高温に保てるよう工夫された窯のことを言います。
皆様の作品は初窯で3日間かけ焼成されます。大晦日から火入れ作業を始め、ゆっくりと窯の温度を上げていきます。目標の1300℃に達するには約1日かかります。
本セミナーでは、特典として初窯にも立ち会えますので、薪投入口から皆様の作品が透明感のあるオレンジ色から淡い白黄色になって焼成される様子をご覧いただけます。
窯出しは、焼いた時間と同じだけ時間をかけて冷まします。
出来上がりの作品は、火のあたり加減と灰のかかり具合により、様々な模様や色に焼きあがるため、味があり、同じものは決してできず、世界でたったひとつの作品となります。


【懇親会について】
 
  IMG_2485-2.jpg
和食会席(イメージ)

夕食は、当センター和食料理長が腕を振るった「和食会席料理」で、地元三浦半島の冬の野菜と鮮魚で旬の味をお楽しみいただけます。
木村芳之助氏の陶芸秘話あり、今さら聞けないような陶芸に対する質問ありなど、和気あいあいとした雰囲気で懇親を深めていただきます。

≪ご参考≫ 昨年お献立
 
  前 菜 「細根大根もろみ漬け」「昆布かご塩炒銀杏」「鰊昆布巻」
「干柿チーズ鳴門」「鶏松風」
  造 里
「本日の鮮魚五点盛り 鮪 勘八 鯛 めじな 牡丹海老」
   鍋 「みつせ鶏豆乳紙すき鍋」
  蒸 物 「蟹あん茶碗蒸し」
  煮 物 「三崎金目鯛姿煮」
  御食事 「松茸御飯」「香ノ物」「留碗」
  甘 味 「柿 苺 和風ブラマンジュ」
 

 
【木村芳之助氏プロフィール】

  昭和25年 神奈川県逗子市に生まれる
  昭和44年 洋画家金崎秀利氏に陶芸指導を受ける
  昭和47年 北海道苫小牧に倒煙式角窯を築く
    同市で陶芸教室講師を勤める
  昭和49年 神奈川県鎌倉市に築窯
  昭和50年 カナダ留学
  昭和51年 ヨーロッパ研修
  昭和52年 神奈川県葉山町に登り窯を築く
  昭和55年 スペイン・マニセスにて絵付け研究
  平成 2年 神奈川県横須賀市に子安窯を築く


日時: 平成29年12月23日(土)13:00~24日(日)12:30

定員: 30名(お申込み先着順)

料金: 
①1室1名利用 21,000円(税込)
②1室2~3名利用19,500円
(税込)
(宿泊費、懇親会、朝食、材料費、セミナー費用含む)
③日帰り参加(葉山、横須賀在住の方のみ)12,000円
(税込)
(懇親会、材料費、セミナー費用含む。)
 
お申込み方法: お申込みフォームよりお申込み下さい

国際会議等の開催支援のご案内


神奈川県と県の第三セクターである株式会社湘南国際村協会は、
国際会議や学会を開催する皆様を一体となって支援します!

神奈川県葉山町にある「湘南国際村センター」で国際会議や学会を
開催していただく場合、会場費を 最大80万円 まで免除します。

詳しくは、下記ご案内をご覧ください。
 
国際会議開催支援.jpg
▲このページのトップへ
トップページ > イベント
Copyright ©2012 Copyright© Shonan Village Center All Rights Reserved. Designed by BlueDiamond
| 会社案内 | リンク | 個人情報の取り扱いについて | トップページ |